MENU

園のこだわり

発達に感動。

2018/08/21

こんにちは。ぐんぐん組の宮原です。

つい先日、ぐんぐん組の子ども達10名程で

療育のお部屋へ冒険に行くことになりました。

「失礼しまーす」とドキドキしながらお部屋に入ると、

普段目にしないものがいっぱい!

トランポリンやバランスボール、うんてい等々…。

 

療育の先生方の声に誘われて、トランポリンに初挑戦する子ども達。

手を繋いでもらい、ピョンピョン跳びますが、

『?』なんだかおかしい気が…。

本人もなんだか、『いつもと違う?』と気付いたようで、

2度目、3度目と繰り返すうちに、一人で上手にピョンピョンとべるようになりました。

いつもの床とトランポリンの弾性のある床面の違いを理解し、

体の使い方や筋肉の使い方を変えることをすぐに学習し、

運動方法を変えて環境に適応する子どもの能力の素晴らしさに感動しました。

また、うんていにチャレンジする子どもたちの姿も。

一人でぶら下がり、2~3本前進できる男の子がいたり、手の力だけでは難しいと理解し、

壁に足をかけてなんとか前進しようとする男の姿も。

その中に、一人の女の子が『ぶら下がる→すぐに落ちる→大爆笑』を何度も繰り返す姿が。

「落ちてしまう」という失敗体験が面白かったようですが、

繰り返すうちに5秒ほどぶら下がることができるようになりました。

大人が手を貸さずとも、自分で楽しみながら発達していく姿をまのあたりにして、

とても嬉しく感じた時間でした。

今回は40分ほどの冒険でしたが、

また2回目の冒険を子どもたちと楽しめたらと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?