MENU

園のこだわり

秋模様

2018/10/02

 はぐはぐ・るんるん担任の齊野です。

 いつの間にか季節はすっかり秋模様となってきました。

 園庭で遊ぶ機会がぐんと増えて、「今日は、園庭で遊びます。」
と子どもたちに伝えると「いぇ~い!!」と声を上げて大喜びです。

 遊んでいる中で、様々なことに気付くようになってきたはぐるんさん。

とんぼがたくさん飛んでいるのを見つけ、
「とんぼ!とんぼ!」「とんぼ、たくさんだね~。」と気付き
『とんぼのめがね』を歌い始めたりカラスやとんびを見て、
「鳥さんいる!」の誰か一人の声にみんなが空を見上げ、
「ばいばーい。」「お~い!」と手を振っています。

 そして、以前までは保育者が飛んでいる飛行機を見つけて
「ほら、飛行機飛んでるよ。」と子どもたちに教えていましたが、
今では保育者よりも早く見つけて「先生、飛行機!」と伝えてくれます。
たまに、飛行機が小さすぎて保育者が「え!?どこどこ?」と探すこともあります。

 そんなるんるん組の子どもたちを見て、夕方にテラスに出ると
はぐはぐ組の子どもたちは、空をジーッと眺め何か見つけると、
「おっ!」「あ~!」と指差しで「見て見て。」と教えてくれます。

とてもかわいらしくてほっこりします。

 これからの読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋・・・
たくさんの秋を子どもたちと満喫したいです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?