MENU

園のこだわり

しだれ柿に思いを寄せて

2018/12/28

職員室チームの山下です。

ブロック塀の工事に伴い

しだれ柿がなくなりました。

門入り口から入ると左側に君臨した

大きな木でした。根は地中へとのび

横にも広がっていて、引き抜くのに

業者の方を手間取らせるのを見て

「イヤだぁ」と言っているかのようでした。

 

以前、柿がたわわに実り、落ちた柿を

片付けるのは大変でしたが

四季を感じさせてくれた木です。

色づいた落ち葉の中には、大人の手のひらサイズの

物もあり2つの穴を開けお面を作ったり、

ままごとあそびのお皿にもなったりしました。

また時々鳥たち(特にからす)がやってきて、

枝でひと休みをしたり柿の実をつついたりし、

自然の恵みを与えてもらいました。

 

しだれ柿を見上げ、一緒に空まで見上げて

「今日は気持ちいいなぁ」と感じたこともあり

今は懐かしいです。

自然に感動する心を持っていたいと思います。

 

あと数日で今年も終わりとなります。

よいお年をお迎えください。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?