MENU

園のこだわり

ぐんぐん成長

2019/01/16

ぐんぐん組(2歳児)の下原です。

 年が明けても、ぐんぐんさんの成長が著しいです。

排泄で、おもらしがあっても次は自分から早めに行かなくては大変だと感じたり、

着脱は、袖を引っ張るのは難しいけれど 

時間をかければ、要領が分かれば出来たり、

食事は、いっぱい、ちょっと 

自分の食べられる量を自分で決めて完食も増えたり、

上手にお皿を持てるようになってこぼすことも少なくなってきています。

遊びの世界も広がり、積み木、ブリオ、ブロック等を使って

友だちと一緒に考え作り上げた達成感、色んな活動も一人遊びからだんだんと

友だちと関わり一緒が楽しいことを感じられています。

 

 ぐんぐん、ぐんぐん、色んなことを乗り越え、感じながら

”できる自分“を見出してきています。

 

先週より移行に向けて毎日6名ずつ お食事の時間から午睡、

おやつの時間までわくのびきら(345歳児)さん達の中で過ごしています。

不安や緊張で泣くかな、、、何人か戻ってくるかな、、、と 

こちらもドキドキしていましたが、おやつを食べ終わって

お部屋に戻ってくる姿は誇らしげで自信に満ちていました。

1対1でお世話をしてくれるのびのびさんのおかげもあり

「また行きたい」「今度はいつ?」と言う子もいます。

 

それぞれの立場でわくのびきらの子ども達が、ぐんぐんさんを受け入れてくれる事、

思いやりを持って手助けしてくれる姿勢、

これが“異年齢保育の良さ”ですね。

今後もぐんぐんさんの成長を応援し見守っていきたいと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?