MENU

園のこだわり

2019/01/15

はぐはぐ・るんるん組(01歳児)の神野です。

1月14日の昨日は成人の日でしたね。

鹿児島市では13日に成人式がありテレビで晴れ着姿を

見て十数年前の成人式を思い出しました。

時が経つのはあっという間ですね~。

 

さて、いつも子どもたちと関わる中で

外に出たり、階段を昇ったり「一緒に行こう」の声掛けに

何気なくギュッと握る「手」。

ふと頭によぎったのは、中学三年の娘と小学6年の息子と

手を繋いだのっていつだったのかなぁ~?と・・・。

 

小さい頃はたくさん手を繋いでいたいと思っていたけど、

いつ頃から手を繋がなくなったのかなと思って

久しぶりに手を繋いでみました。

娘や息子は「何~?」「急にどうしたの~?」と

嫌がるそぶりを見せながらも嬉しそうな顔をしていて、

手を繋ぐ私もなんだかぎこちなく、照れてしまったけれど

久しぶりに繋いだ手は私と変わらないぐらい大きくなっていて、

手の温もりと成長を感じました。

 

手を繋ぐこと。

何気ない当たり前の様なことだけど、成長と共に

色々な手が離れていってしまものなんだなぁと改めて思いました。

 

今、はぐはぐ・るんるんさんは手を必要としてくれていて

何気なく繋いでくれる。

その今しかない手の温もりを大切に感じながら

日々の子どもたちの成長を見守っていきたいです。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?