MENU

園のこだわり

だいすき劇ごっこ♪

2019/02/15

こんにちははぐはぐ・るんるんぐみの町口です。
早いもので二月ももう半ばになりました。
まだまだ寒い日は続きますが、寒さに負けず元気に過ごしたいですね!

先日、はぐるんさんでは劇ごっこ「てぶくろ」をしました。
この「てぶくろ」は、ねずみ、カエル、うさぎ、、きつね、おおかみ、
イノシシ、くまがやってきて、おじいさんの落とした手袋の中に住もうとするお話です。

まずは、保育者がお手本として劇をしました。
どうぶつが出てくる度に入る歌では、曲に合わせてみんなで振り付けをしました。
はぐるんさんはお歌がとっても大好き。
二、三度曲を聞くと、覚えて一緒に歌ったり、
「うー!」と曲に合わせて振り付けをしたりしていました。

こうして、保育者によるお手本は終わり次はいよいよ子どもたちの番です。
それぞれが好きなどうぶつを選び、自分の番になると嬉しそうに舞台に走って向かいました。
セリフの後の曲が始まると、子どもたちは手拍子したり、体を揺すったり、
保育者の真似をして振り付けをしました。
はぐるんさんによる劇は大成功!子どもたちも楽しかったようで、
一日中「おなかが、しもやけに、なりそーだ♪うー!」と歌っていました。
次はどんな劇をしようか今からとても楽しみです♪

 

~おまけのお話~
最近、歩けるようになったはぐはぐ組の男の子のお話です。
少し離れたところからでも、保育者を見つけるとにこ~と笑って、
一生懸命バランスを取りながら歩いてきます。
少し前までは一人で遊ぶことが多かったこの男の子。
どちらかと言われると同じはぐはぐさんの中でも「かわい~」と
面倒をみてもらうことが多かったのですが、昨日のことです。
私が夕方、いつものようにはぐはぐ組の子にミルクをあげていました。
するとこの男の子と目が合い、いつものようににっこりと笑ながら歩いてきました。
私の所までたどり着き、「どうするのかな?」と思っていると、
なんと私の持っている哺乳瓶にそっと手を添え、
ミルクを飲んでいるこの顔をそっと覗きこみました。
自分より小さなお友だちの面倒をみようとしている姿に驚きと感動でいっぱいでした。
毎日成長している子どもたちの姿に、とても嬉しくなった一日でした。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?