MENU

園のこだわり

お友だちのために

2019/05/09

 ぐんぐん組の新久保です。

 先日のお部屋遊び中の出来事です。

 Aくんがマグフォーマーで作ったアイスクリームをBちゃんが欲しがりました。

 Aくんは出来上がったばかりだったのでまだ渡したくありません。

 Bちゃんがどうしても欲しいと泣いてしまいました。

 すると・・・一部始終を見ていたCちゃんがBちゃんのもとに駆け寄り、頭をなでなでしました。

 アイスクリームのおもちゃが欲しくて泣き止まないBちゃん。

 Cちゃんはどうしたらいいか考え、Bちゃんのもとを一旦離れました。

 しばらくしてもどってきたCちゃんは、「これ、どうぞ」とBちゃんに小さいマグフォーマーで作ったアイスリームをあげました。

 Bちゃんは、「それじゃない!」というように首を振り泣き止みません。

 「ううん・・・」と悩んでいるCちゃんを見て、Aくんが駆け寄り、「見ていいよ」と言うようにアイスクリームをCちゃんに見せてくれました。

 Cちゃんは、Aくんのアイスクリームを見て作り直し、Bちゃんのもとに持っていくと・・・

 Bちゃんは泣きやみ、作ってもらったアイスクリームを大事そうに持って遊び始めました。

 AくんとCちゃんも満足そうにあそびに戻っていきました。

 言葉は少なくても、子どもたち同士通じることがあることや、保育者の介入がなくとも子どもたち同士でどうしたらいいか考えること、協力し合えることなどたくさんの成長を感じました。

 日々の生活の中で見られるエピソードからの気付きを大切にしていきたいです。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?