MENU

園のこだわり

虫に親しむ

2019/05/29

職員室チームの山下です。

「ケムシだぁ。」「ケムシがいるー。」と子どもたちの声で駆けつけると 背中に赤い線が入った
黒いケムシがプランターのパンジーに7匹いました。

ケムシの正体はツマグロヒョウモンチョウの幼虫で以前も蝶になるまで 飼ったことがあり虫かごに確保しました。
すると きらきら組の子どもたちが持っている「ポケットずかん」を見てどんな蝶になるかを子どもたち自身で知ることができていました。

園庭では男の子を中心に木の根っこを掘ったり 花壇の土を探ったりして毎日のように虫探しをしています。
誰かが「いたー!」とアリやダンゴムシを見つけると集まり異年齢の交流もみられます。
子どもたちが身近な自然にふれあい楽しめる環境や虫と出会える環境を保障したいと考えます。

現在、ツマゴロヒョウモンチョウの幼虫5匹がさなぎとなり観察中で、クワガタムシの飼育を始め虫に親しんでいます。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?