MENU

園のこだわり

初老の手習い

2019/06/04

きらきら・のびのび・わくわく組の牛垣です。

突然ですが、教員免許に更新があること・・・ご存知ですか?
平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されその目的としては、その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう定期的に最近の知識技能を身に付け教員が自信と誇りを持って社会の尊敬と信頼を得ることを目指すもの・・・と掲げてあります。
免許状には、10年間の有効期間が付され私は今回2巡目となります。
正直この年齢で、30時間以上の講習の受講は無事に修了できているかなぁ?と弱気でした。
その背景には、受講申込みが苦手とするWeb申し込みである事。ID、パスワード、ユーザー登録にツール・・・
あ~昭和生まれの昭和育ちの私・・・スマホは未だしも、パソコンの操作は四苦八苦です。
まず、申し込みにあたっては前日からシュミレーションし、当日は手に汗にぎり進めていくと、なんと不安が自信となり正面からパソコンに向き合い完了ボタンをクリックして申し込み終了となっていました。
私にとっては、この時点から最近の知識技能を身に付けるという講習が始まっていたようですね!
先日、藤森先生の講演で体験から脳が学ぶその体験とは教えるとは違い、日常生活を通して学ぶという内容が頭を過ぎりました。
確かに、今回も現代の歩みにのっかりパソコンを操作するという体験を通して学び、ちょっとした自信へとつながり意欲が出ました。
今月からいよいよ受講が始まります。
様々な学びを沢山の幅広い年齢層の追い風を受けながら、現代教育の一歩をあゆみたいと思います。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?