MENU

園のこだわり

思いやり

2019/06/17

はぐはぐ・るんるん組の有馬です。

「最近、子ども同士の関わりが素敵だな~」
と子どもたちと一緒に過ごしていく中で、そのように感じることが増えてきました!

寂しくて泣いていた子どもを見つけると頭を撫でてくれたり、玩具を「どうぞ」と言って友だちに譲ったりする姿が見られるようになりました。

お昼寝の時のことです。
いつもより早く目が覚めてしまったはぐはぐ組のAちゃんと、るんるん組のBくん。
寝起きということもあり、Aちゃんはボーっとしていました。

「大丈夫かな?」と思っていると、BくんがAちゃんに近づいていきました。
両手には保育室にある動物のぬいぐるみを2つ握りしめていました。
様子を見ていると、Bくんが心配そうにAちゃんの顔を覗きこんで、持っていた動物のぬいぐるみを目の前に渡したのでした。
AちゃんはぬいぐるみとBくんを交互に見たあと、ニコッと笑ってぬいぐるみを受け取り、その後は2人で仲良く遊んでいました。

少しずつ思いやりの心が見え始めているはぐはぐ・るんるん組の子どもたち。
その心を大切に見守っていけたらいいな、と思っています。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?