MENU

園のこだわり

スイカの日に… 

2019/07/24

療育チームの末吉です。

Mくんがセンターに通うようになって、数か月。Mくんが私の名前を呼んで、話をしてくれる時間が増えました。
ある日のお食事。真っ赤なスイカがお皿に並びました。
Mくんと一緒に食べる約束をしたので隣に座ると、Mくんが嬉しそうに手を合わせていただきますの号令を待っていました。
以上児のお食事では、1テーブルごとに食育(メニューの紹介とどんな食材があるのか等、職員が話をします。)を行い、挨拶をします。
今日のメニューは…と私がいつものように始めました。
くだものは…と言ったところで「スイカ!」と子どもたちから声がありました。その時、Mくんが「違うよ!スイカは野菜だよ」と一言。「献立も果物って書いてるから間違いだね!お食事の先生に言わないと!」と続けました。その時、なるほどなぁ~と思っていると、同じテーブルのSくんが「そうだよね!Mくんすごっ!」と拍手したのです。周りの子も「Mくんすごい!」とMくんに注目が集まりました。その時のMくんの顔は照れたようにはにかんで、とても嬉しそうでした。もうこの時、スイカがくだものか野菜なんて関係ないのです。
Mくんの発言が他の子どもたつの心を動かしたのですから。”すごい!Mくんすごい!!“と言葉がMくんに自信と満足感を与えました。
Mくんにとってこの経験こそ大切だと思います。
誰かに認められて、褒められて、満足する、自信が持てる、この経験をたくさんしてほしいと思います。
Mくんがものしりなところ、私も知っています。
Mくんの素敵なところをたくさん引き出していきたいなと思う時間でした。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?