MENU

園のこだわり

おみせやさんごっこ

2019/08/09

ぐんぐん組の小林です。

最近ぐんぐん組の子どもたちはお店屋さんごっこに夢中です。

 

帰りのお集まりが終わると「せんせいおみせやさんごっこがしたい!」とお店屋さんごっこをするのを毎日

楽しみにしているようです。

 

お店屋さんごっこには保育者は介入せず子どもたち同士の関わりを見守っています。

 

店員さん2人がエプロンを着け、お店の電気がついたらオープンです。

おままごとコーナーの子どもたちはそれを見てバッグを持ってルンルンで出掛けていきます。

 

お店にはハンバーガーやジュースやアイスクリームなど、おままごとコーナーにはない物が置かれています。

 

お客さんがやってくると「なにがいいですか?」と問いかける店員さん。

お客さんはメニューを指差して「これください」や「○○ください」と欲しい物を伝えます。

 

店員さんは「これ?」と商品を持ってきて欲しい物かを確かめます。

 

保育者が教えたわけでもなく、相手が欲しい物かを確認する店員さん。

さすがだなあと思いました。

 

その後も「ピッ」「おかねください」と、とってもスムーズです。

お客さんは店員さんの手のひらに「はいっ」とエアーでお金を渡します。

回数を重ねるごとに上手になっていく店員さんとお客さん。

きっとお買い物に行った際などよく観察しているんだろうなと思いました。

 

ごっこ遊びは、楽しく遊ぶ中で色々なことを学習することができる子どもの成長過程において

とても大切な遊びです。

 

ごっこ遊びをしている子どもたちを見守っていると、子どもたち同士の会話がたくさん聞こえてきて

とても微笑ましいです。

これからも子どもたちの姿を見守りつつ、時にはこどもたちの思いに共感しながら一緒に楽しんでいきたいと思います。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?