MENU

園のこだわり

おおきくなーれ 

2019/11/28

わくわく・のびのび・きらきら組の大平です。

先日、のびのび組の子どもたちと一緒に

チューリップの球根を鉢植えしました。

毎年、きらきら組の卒園式頃に

園庭を彩る、お見送りのお花です。

園庭に集合すると、すでにやる気満々の子どもたち。

副園長先生のお話を真剣に聞き

鉢植えの手順を知りました。

「つちはどこまでいれるの?」

「やさしくかぶせるんだよね?」と

一つひとつ確認しながら丁寧に球根を植えていきました。

大切にしたい気持ちが強すぎて、ついつい

水を多くあげてしまう姿も。

水に土が流されて、球根の頭が

ひょっこり現れると

「あ、もう芽がでてきたよ!!」という

なんとも子どもらしい声が聞こえてきました。

お昼寝から目覚めると

「もう芽が出てるんじゃない?」と

3階から覗き込み、

夕方外に出れば

「もう大きくなったでしょ」

と鉢を触り、チューリップの成長を

心待ちにしている子どもたちです。

 

そんな子どもたちの姿を受けて、

帰宅後「チューリップ」で検索してみました。

・休眠打破といって、気温5度ほどの寒さを

 6~8週間ほど経験しないと芽が出ない。

・夕方に水をあげると凍るかもしれないので

 水やりは午前中が良い。

・土が湿っている時に水やりをすると根が腐る。

などなど。

チューリップの特性や育て方のコツが

出てきて、なんとも勉強になりました。

せっかくの機会、

子どもたちと情報を共有しながら

一緒にチューリップの成長を

楽しく見守っていければと思います。

  

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?