MENU

園のこだわり

子どもたちの中で広がる輪

2019/12/10

はぐはぐ・るんるん組の且です。

お楽しみ会を終え1ヶ月が経とうとしています。
るんるん組のの子どもたちは、ごっこ遊びや
見立て遊びがさらに上手になり毎日楽しく過ごしています。

子どもたちの最近の日中での出来事です。

二人の男の子が電車ごっこをしていると、
「一緒にやりたい」とどんどん子どもたちが繋がり
いつの間にかとても長い電車が完成!
「線路はつづくよ~」とお歌を歌いながらとても楽しそうでした。

内科健診を終えた子どもたち。
聴診器を新聞紙で作ると、
さっそくお医者さんの真似をしていました。
「もしもし~」とお腹にあて「こうたい」と
繰り返しお医者さんごっこを楽しんでいました。

「車さんも元気かな~?」と男の子。
大好きなはたらく車も元気なのか気になったのでしょうか?
おもしろいな~と子どもたちの発想に驚きました。

「なにつくるの?」「ウインナーだよ」
男の子が何を作っているのか分かった女の子は
動きをよく観察しながら真似をして同じ形を作っていました。
その様子を見て男の子は「ここはこう」と、女の子にアドバイス。
一緒に同じものを作り完成するととても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

また、子どもたち同士での「いっしょに」「おもいやり」の
気持ちも遊びの中でたくさん見られるようになりました。

「いっしょにみよう」

「いっしょに座ろう」

「かして?」「はい、どうぞ」

日々の子どもたちの関わりや成長している姿を見て、
優しい気持ちになり感動する毎日です。
これから子どもたちがどんなお兄ちゃん、お姉ちゃんになるのか
とても楽しみです。

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?