MENU

園のこだわり

子どもの不思議発見

2020/01/10

はぐはぐ・るんるん組の吉山です。

子どもたちは遊びの中でたくさんの発見をしています。
そこに行きつくには、まず色々なものに興味が湧きます。
一つ目の写真は

 

「何これ?」と子どもたちは不思議そうにしていました。
「何だと思う?」と聞いてみると、「どんぐり」と
答えました。見たままの形の感想が聞けました。
「チューリップの芽だよ」と手でチューリップを伝えると
「パプリカ!」と子どもたち。今流行りだなあと感じながら
その感想が微笑ましかったです。

二つ目の写真は

高いところから何かを見ています。
その先には、木の枝がありました。「無いよ」
と言っていたので「何がないの?」と聞くと
「柿」と言っていました。秋にはたくさん実っていた
柿がないことに気付いたのですね。
何気なく過ごす中でも色々な発見があって楽しいです。

三つ目の写真は

階段を上がっていると以上児さんの壁面だるまさんを
見つけました。
色んな顔があるからか、笑いながら見ていて、ゆっくり
と階段を上っていました。

こども園で過ごす中、たくさんの発見をしている
子どもたち。おうちでも色んなものに興味を持って
自分から関わっているのだろうと思います。
子どもたちの成長には欠かせない興味関心、不思議に
思ったり発見する力をこれからも見守っていきたいです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?