MENU

園のこだわり

こだわり

2020/02/26

療育チームの東村です。

のびのび組さんが植えたチューリップ
寒い冬の間は鉢の土の中で過ごし
春の足音が聞こえてくると
葉っぱが芽を出し、日増しに大きくなってきています。
葉っぱの中にはチューリップの花が今か今かと
春が来るのを待っているかのようです。

なぜかチューリップの花と子どもたちの成長が重なります。
もう半世紀前の話になりますが、
保育士を目指していた学生時代の児童心理の授業で
「こどもは天与の花である」
一人ひとり咲く花は、色、形、大きさすべて違い同じではない
たとえ小さな花でも自分自身に与えられた花を咲かせる事が大切
それには、保育者は一人ひとりの花の根っこの部分を丈夫に育ててください
という内容だったと記憶し、保育に携わる中での私のこだわりになっているかもしれません

園のこだわりは「一人ひとりの違いを受け止める」です
来月卒園していくきらきら組さん
様々な園生活の経験の中で
一人ひとりの違いを受け止め信じてもらう事で、子どもたちは輝いています。
丈夫に育った根っこにどんな花が咲くのでしょうか
色、形、大きさの違う輝いた子どもたちの花の成長をいつまでも見守っていけたらと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?