MENU

園のこだわり

春の園庭

2020/05/09

療育チームの竹です。

以前、このしらゆきこども園ブログ「園のこだわり」で毎月行う職員会議の中に、しらゆきチャンネルという保育の動画や写真を見て、
職員で話し合ったり、考えたりする時間があることを紹介しました。

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止として職員会議は以前のように職員が集まって話をすることはありませんが、職員で共有するしらゆきチャンネルの材料として秋の園庭に続いて、春の園庭の草、木、花の写真カードを作成しました。

春の園庭では、同じ花でも色違いで黄色、オレンジ、ピンクのダリアが交代で咲き始めたり,桜の花が終わり緑の葉っぱの中に、赤い実が
なっていました。


また、園庭の固定遊具で子どもたちが遊んでいると、ファイヤーマンポールからすーっと降りてきたきらきらの数人の子どもたちが
地面に着地して

「なんか、いい匂いがする」
「甘い匂いがする」
「かき氷のメロンの匂いだ」

と話をしていたので、子どもたちが着地する場所に近づいてみると、低い木から甘い香りがし、実のようなつぼみがなっていました。


こんな香りのするつぼみ(花)が園庭にあったとは知らず・・
調べたり、聞いてみても名前がわからず・・・
家で検索すると、写真から植物の名前がわかるアプリをみつけて早速パチリ。

「カラタネオガタマ」(唐種招霊)というモクレン属の低い木で春に花が咲くものでした。
花言葉は甘い誘惑で他に豊かさ、有効、繁栄と書いてあり、なるほど~と久しぶりに、わからないことがわかるスッキリとうれしさを
ひとりニヤニヤと味わいました。

そして、連休明けに久しぶりに園庭を見ると葉っぱだけだったゆりのつぼみがたくさん出ていました。
次はこのゆりの開花を楽しみにゆりの花の写真をタイミングを逃さないように、園庭の草、木、花写真カードに追加しようと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?