MENU

園のこだわり

スライムあそび

2020/06/25

ぐんぐんチームの柏木です。

昨日子どもたちと一緒にスライムあそびを行いました。

私自身「やりたい!」と思っていても中々取り組めなかったあそびなだけに楽しみで仕方ありませんでした♪

材料を揃えて、作り方を他の先生方からレクチャーして頂き実際に自分で作ってみると子どもに戻ったように驚きの連続でスライムを触りながら「明日は子どもたち喜んでくれるだろうな~!」と期待で胸がいっぱいになりました(笑)

 

次の日・・・

 

朝のお集まりが終わり、さっそくスライムあそびスタート!

導入として実際にスライムを作る為の道具を紹介しながら、出来上がるまでの流れを子どもたちに見てもらいました。

「水」・「洗濯のり」と今回はよりフワフワした感触になるようにお父さんたちが使用する「シェービングホーム」を入れてみました。

そしてスライム作り肝心な魔法の水「ホウ砂水」を順番に入れて混ぜていきます。

すると、液体だったものがゼリー状に固まり始め少しずつスライムになっていきました。

この固まっていく様子に子どもたちは、「すご~~い!」「お餅みたいに大きくなった~!」「どうして~!?」と

目をキラキラさせながら、興味津々で見てくれてスライムに釘付けになっていました。

スライムが完成すると「触りた~い!」と子どもたちが言ってくれたので一人ずつ順番に触ってもらいました。

「やわらか~い」「つめた~い」「動いてる~!」と反応はそれぞれでしたが「スライムで遊びたい」意欲はとても高まっていた子どもたち。

テラスで数名ずつスライムをじっくり触って遊ぶ時間になると、子どもたちは夢中で触っていて手のひらで転がしたり、上から落としてみたり、なが~く伸ばしてみたり平たくなるように叩いてみたりと思い思いに感触を楽しんでいました♪

「まだやりた~い!」という声も活動が終わってからも挙がっていて、子どもたちから「他の色は無いの?」と言う声も聞かれたので次回は色を付けたり、硬さを変えたりしながらあそびが発展しより子どもたちに楽しんでもらえるような工夫をしてまたスライムあそびをしたいと思います。

子どもたちの「なぜ?」「どうして?」といった疑問や驚きを刺激するような楽しいあそびが今回出来てとても面白かったです♪

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?