MENU

園のこだわり

異年齢との関わりの中で

2020/06/26

わく・のび・きらの大江です。

日中の主活動やお当番活動、おやつの時間など、クラス毎だけでなく赤・黄緑・水色・黄色チームに分かれて過ごすことが増えてきました。

のび・きらの子どもたちはわくの子どもたちを気にかけながら声をかけたり、わくの子どもたちは困った時にのび・きらに手伝ってもらうなど、互いに意識する姿が少しずつ見られています。

先日夕方のお集まりの際、きらの男の子が後から椅子を持って入ってくるわくの子どもに手を差し伸べ、一緒に運んだり「ここが空いてるよ」と輪の中に入れてあげました。

そんな姿を見た周りの子どもたちも刺激を受けたのか、次々に手伝いながら綺麗な円が出来ました。

手伝ってもらうわくの子どもたちもとても嬉しそうで、手を差し伸べたのび・きらさんも誇らしげな表情でした。

毎日を一緒に過ごす中で異年齢での関わりを深め、互いに刺激を受けあう素敵な姿をこれからもたくさん見守りたいです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?