MENU

園のこだわり

出来るようになることの嬉しさ♡

2020/07/02

職員室チームの柿内です。

るんるん組での出来事です。
外に出る前に子どもたちは、靴下入れから自分の靴下を取り
自分で履こうとしたり、靴下を持ち保育者の所に行き「はかせてー!」
と靴下を保育者に差し出して自分の意思を伝えようとする姿が見られます。

その日、Ⅿくんは自分の力だけで靴下を履こうと一生懸命でした。
足の指先を靴下の中に入れるだけでもるんるん組の子どもたちにとっては難しいことです。
親指だけはみ出てしまったり、5本ある足の指のうち3本しか靴下の中に入らなかったり・・・

Ⅿくんは、頑張って頑張って自分で片方の足の靴下を履くことが出来ました。
見ていた保育者が褒めるととってもとっても嬉しかったようで、保育室にいる保育者ひとりひとりの
ところに行き、靴下を履けた片足をアピールして、保育者みんなから「すごいね」の言葉のシャワーを
たくさんもらい更に嬉しい気持ちになっていました。

褒められた嬉しさと、自分で靴下を履くことができた達成感で心が満たされているようでした。

るんるん組の子どもたちは、これから自分で出来ることがどんどん増えていきます。
子どもたちが自分でしようとする姿を見守り、出来た時の喜びや達成感を一緒に味わって
いきたいと思います。

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?