MENU

園のこだわり

季節のうた

2020/09/03

はぐはぐ、るんるん組の上籠です。
毎日暑い日々が続きますが、子どもたちはそんな暑さの中でも元気いっぱい。
私たちもエネルギーをもらえています。
また、昨日は今年初の台風が鹿児島に近づきました。
普段とは違う雨の音、風の音が子どもたちには気になってしょうがなかったようです。
窓に顔を近づけ、外をじーと眺めていました。台風は怖いものですが子どもたちからするとめったにない貴重な経験でもあるのですね。

貴重な経験ができた子どもたちですが、普段の経験が活かされることもあります。
それは「季節のうた」です。毎日朝と夕方に、ピアノで季節に合った曲を数曲弾いています。
すると、普段から聞いていることもあるのか、最近は伴奏を聞いただけで近くに子どもたちが集まってきてくれます。
それだけでも嬉しいのに、「今日は〇〇歌いたい」という嬉しいリクエストまでしてもらえます。
歌を通じて子どもたちが得るものはたくさんあります。
音感、リズム感、表現力はもちろんですが、何より「友だちとのふれあい」です。
一緒に歌ったり、からだを揺らしたり手を繋いだり。
普段のコミュニケーションとは違う「つながり」が生まれているようです。

ソーシャルディスタンスも大切です。
しかし、それと同じくらい、この年齢で「誰かとつながりあえること」は大切だと考えています。

間もなく季節は秋。
また新しい曲を弾いて子どもたちと歌うのが楽しみです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?