MENU

園のこだわり

積み重ねてきたこと

2020/10/22

療育チームの末吉です。

外はすっかり秋めいていますね。

鹿児島は秋を感じられる期間が短いのでまさに今を子どもたちと存分に楽しみたいと思います。

センターでは、10月は外に出て、外気に触れながら思いきり体を動かしてきました。

これまでも室内で“思いきり体を動かす”ことはどの子も大事に積み重ねてきました。

園庭あそびでは、室内での運動あそびでは経験出来ない運動あそびが味わえます。

ファイヤーマンポールも園庭でこそ経験できる運動の一つです。

それに挑戦したRくん。

この運動は手でしっかりポールを握って腕で体を引き寄せる力を要し、手足の使い方が大切です。

なかなか言葉では伝わらず、Rくんは一歩が踏み出せません。

すると、ペアのTくんがファイヤーマンポールをするりと降りました。この姿を見たRくんはこの後一人で降りることが出来ました。

“百聞は一見に如かず”でしょうか。

子ども同士の関わりの良さを改めて実感しました。

春~夏~秋と共にたくさんの経験を過ごしてきた子どもたちの関係性も築かれていきます。

安心して苦手なこと、新しいことに挑戦できる環境を作り、少人数だからこその子どもたちの関わりをこれからも見守っていきたいです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?