MENU

園のこだわり

もらいにくる?

2021/02/01

はぐはぐ・るんるん組の有馬です。

明日は何の日かご存知でしょうか?

明日は「節分」です。

2月2日に行われるのは、124年ぶりだそうで、2月3日に節分はあるものだと思っていた私も不思議な気持ちになっています。

今日の帰りのおあつまりで、「明日は鬼さんが来るんだよ」と子どもたちに話したところ、「おにさんくるの!?」と目を見開き、驚く姿がありました。

「こわい」と怖がる子どもがいたり、「やったー!」と来ることを楽しみにしている子どもがいたりと、反応はさまざまでした。

おあつまりが終わった後みんなで遊んでいると、るんるん組のGくんが「おにさん、ぱんつもらいにくる?」と聞いてきました。

なんでそんなこと聞くんだろう?と思いながら、「おにさん、ぱんつもらいにくるんじゃないかな」と話すと、「Gくんのぱんつかな~?♪」とワクワクした表情で答えました。

実は、今日のお昼寝中に子どもたちが作った鬼のパンツをお部屋に飾っていました。

お昼寝から目が覚めた子どもたちは「あ!Aちゃんのパンツ!」「これ、Bくんがつくったよ!」と嬉しそうに指差しする姿がありました。

その姿を思い出しながら、明日お部屋に来る鬼さんが自分の作ったパンツを選んでくれるんじゃないか、という期待をこめたひとことだったんだな~と感じました。

普段から「おにのパンツ」や「豆まき」の歌を歌ったり、鬼が出てくる絵本を読んだりして、鬼に対して親しみを持つようになった子どもたちだからこそ出てきた言葉なのかな、と思います。

明日の節分では、子どもたちは鬼に対してどんな反応してくれるのか楽しみです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?