MENU

園のこだわり

節分

2021/02/02

職員室チームの柿内です。

今日は、124年ぶりの2月2日の節分の日となりました。

昔から病気や災いは鬼の仕業とされてきました。その鬼を追い払うために、たくさんの栄養・パワーがある大豆をまくようになりました。ここで大切なのが炒った豆を使うことです。生の豆からは芽が生えてきます。芽が生える事を災いが育つという意味に捉えられるため、炒った豆を使い悪いものが育たないようにと考えられています。鬼が苦手な物として焼いたイワシの頭とひいらぎの葉があります。イワシは匂いが、ひいらぎはトゲトゲした葉が苦手とされています。

今回の節分の行事では、大人の鬼は登場していません。5歳児の子どもたちに節分の行事をどのような場にしたいか話し合いを行いました。話し合いをする中で子どもたちが鬼役をすることになりました。今までなら鬼が登場すると保育者や壁に涙を流しながら張り付いていた子どもたちでしたが、今回は笑顔で鬼役の子どもたちに豆をまく姿がありました。鬼役の子どもたちもとても楽しそうに逃げ回っていました。鬼役をするから赤い洋服を着てきた子もいたほどでした。

節分が近づくと登園を渋る子が毎年いましたが今年を境に節分が子どもたちにとって、楽しい行事の一つになっていたら良いなと思います。そのためにはしらゆきフェスやおたのしみ会のように子どもたちの考えやアイディアを取り入れ行事も作っていけるように少しずつ取り組んでいきたいと思います。

歌『豆まき』を歌い『鬼のパンツ』を踊る様子

 

鬼の絵が描いたカゴに玉入れ

鬼役としてスタンバイするきらきら組の様子

 

豆まきをする様子

お食事に出た恵方巻

今日のおやつ『鬼さんクッキー』

今年の恵方巻を食べる方向は南南東です。今夜は、ご家族で豆まき楽しんで下さい。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?