MENU

園のこだわり

小さな発見

2021/02/10

わく・のび・きらチームの下豊留です。

きらきらの子どもたちは、あいうえおノートでひらがなの勉強をしたり、園庭や公園で思い切り体を動かしたりして毎日元気に過ごしています。
とある一日の出来事をご紹介します。
ふゆはる図鑑をKくんが園庭で広げ築山から周りを見下ろしていました。

その姿を見かけた友だちが「なにを探しているの?」と声を掛けると、「図鑑に載っている虫や花を探しているんだけどあるのかな?」と答えました。
すると、周りの子どもたちも「どうした?」と話しかけ、話が広がると最後は、みんなで探そう!ということになりました。

一冊の図鑑をみんなで交代で見ながら、この花なら見たことある!この虫は、まだ生まれてないんじゃない?とみんなで意見を出し合う子どもたち。

そして、見つかると「いたぞー」「やったぜ」と皆で喜びを共感していました。
見つけた後も、図鑑に載っている説明を読んでみたり、次は何を見つけるか話し合う姿が…
「〇〇くんは見つけるの上手だな~!」「みんなで協力すると早いね!」「どんどん図鑑の物を見つけてクリアしていくぞ」と言葉でお互いを励まし高め合う姿はとても楽しそうでした。
日が暮れるまで園庭中を探す子どもたち。
すると、一人の女の子が「なんだかお花が元気がない気がする」とつぶやきました。
そしてすぐに園庭にある水道に向かって駆けていく姿が…

帰ってくるとじょうろに水をくんできては、園庭中にある花に水をかけてくれました。
次々に周りの子どもたちも、じょうろに水をくんできて「お花にかからないように…」と花びらにつかないようそっと水をかけてくれていましたよ!
最初は、図鑑を通しての自然の発見がありましたが、さらにその先は花からのSOSにも気づくことができました。
これからも、みんなでたくさんの発見をしていきたいと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?