MENU

園のこだわり

日課になってます!(^^)!

2021/02/12

ぐんぐんチームの柏木です。

園庭の通路には、のびのび組の子どもたちが植えたチューリップの鉢が人数分、並んでいます。

園庭に日中、夕方出るとのびのび組の子どもたちが積極的に自分の鉢に水をあげて、成長する姿を見守っています。

「先生!昨日より大きくなってる!」

「○○ちゃんの、もう赤いところが見えてきたよ!」

と水をあげた時に気付いたことはすぐに嬉しそうに報告をしてくれます♪

そんなのびのび組の様子を見て、最近ぐんぐん組の子どもたちも「水あげたい!」とジョウロに水を汲んで掛けようとする姿が見られます。

ですが、一人ひとりの鉢にはあげようとすると「それはのびのびさんのだよ~」と声を掛けられるので、ジョウロを持ったぐんぐん組の子どもたちとどうしようかと悩んでいると「こっちはいいんじゃない?」とあるのびのび組の女の子が知らせてくれました!

職員室前の水道の隣にチューリップの植えてある鉢が置いてあるのです。

「これにあげる?」とぐんぐん組の子どもたちに尋ねると「やった~!!」と大喜びしていてさっそくたっぷりと水をあげていました。

 

初めてなのでたっぷりあげたい気持ちが勝って鉢から溢れるぐらい水をあげてしまい、その姿を見て「あげすぎだよ!」「これぐらいでいいんだよ!」とのびのび組の子どもたちが優しく教えてくれました。

今では、ぐんぐん組の子どもたちにもチューリップの水やりが日課になっていて「ごはんですよ~!」「大きくなってね~!」とチューリップにたくさん愛情を注いでいます。

3月、きらきら組の子どもたちがしらゆきこども園を旅立つ際

このチューリップたちが道を作って送り出してくれます。

その日を迎えるまで、子どもたちのたくさんの愛情を吸い込みながら大きく立派な花を咲かせてほしいと思います☆彡

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?