MENU

園のこだわり

自分の心のコントローラー

2021/03/09

療育チームの竹です。

先日、きらきらさんのお部屋に行くと数人の子どもたちが話し合いの真っ最中でした。

どの子も自分の伝えたいことが多く顔を真っ赤にして、真剣な表情で言葉で自分の気持ちを伝える姿に、赤ちゃんの頃の姿を思い出しながら「大きくなったなあ~」「もうすぐ卒園なんだな~」としみじみ感じました。

そして、あまりに白熱した話し合いに私も加わり、一人ひとりの話を順番に聴きました。

どの子にも言い分や理由はありますが、それでも、「していいこと」と「してはいけないこと」があることについて話をしました。

みんなの心の中には、自分の心のコントローラーがあってゲームやラジコンをする時に、コントローラーを使ってゲームをすすめたり、ラジコンを動かしたり、動きを止めたりするように、みんなが友だちとケンカになったり、嫌なことがあった時にどうしたらいいかは、お友だちに言われたから、先生に言われたから何かをするのではなく、「どうしたらいいか」「こうしたら、どうなるか」自分で考え、自分の心のコントローラーで乱暴な言葉を言ったり、友だちに手を出してしまいそうな時に、心のコントローラーのストップボタンを押せるようになってほしいな、という話をしました。

どの子も真剣に話を聴いていました。
自分で自分をコントロールすることは時に難しいですが、自分と向き合いちょっと立ち止まって、これを言ったらどうかな、これをやったらどうかな、考えられるきらきらさんであってほしいと
思います。

笑って、泣いて、時にはケンカをして、自分とお友だちを大切に、残りのしらゆきこども園での時間を過ごして、キラキラ輝く1年生になることを楽しみにしています。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?