MENU

園のこだわり

「嬉しい気持ち」

2021/04/19

はぐはぐ・るんるん組の鶴迫です。

4月も折り返しを過ぎ、1週目に涙を見せていた子どもたちも笑顔を見せてくれるようになりました。

毎日色々な表情を見せてくれる子どもたちに、たくさん元気をもらっています。

ある日、室内で風船で遊んでいると、3つの風船を抱えたるんるん組のAちゃんが、ひとつひとつ見つめながら「ブルー」「きいろ」と色をつぶやいていました。

覚えてきだした色を言葉にできる喜びから、Aちゃんの顔は自然とほころんでいきます。

すると、それを間近で不思議そうに見ていたはぐはぐ組のA君も、つられるようににっこり微笑んでいました。

「A君も笑っているよ。Aちゃん、色言えてすごいね。」

声をかけると、「うん!すごい!」と嬉しそうな表情を見せてくれ、暖かな気持ちになりました。

「なんだか、楽しそうだなあ」と共感する気持ちが1歳、2歳の小さな心の中にも芽生えていて、人間関係を築く上での大事なことを色んな経験から培っているのだなと感じた出来事でした。

子どもたち同士の繋がりも、ひとつひとつ見逃さず大事に見つけていきたいと思います。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?