MENU

園のこだわり

広がる関わり

2021/05/13

ぐんぐん組の岡本です。

最近、子どもたち同士の関りが増え、あそびがどんどん広がっています。

子どもたち同士だからわかる楽しさがあるようです。

    

 ↑お友だちの前で布をひらひら~

 「えいっ!」と頭の上から布をかぶせて、布が落ちたら二人で顔を見合わせて笑っていました。♪

 

   
「ぎゅう~」  つかまえた! 

「おばけだぞ」と言って追いかけてきたお友だちをぎゅっとつかまえていました。

   
3人で輪になってお友だちを目指して玩具をころころ転がしていました。

届かなくても、反対方向に転がっていっても、みんなで笑っていました。

 

    
棚の中を車に見立てて、みんなでドライブ!

「どこにいく?」「どうぶつえん!」

「のりまーす!」「どうぞ~」というたくさんのやり取りがありました。

 

 日々一緒に過ごす中であそびを通して関りがどんどん広がっています。

 気持ちの共有や、相手のしたいことを理解することが出来るようになったからこそだと思います。

 たくさんの経験を通して、お友だちと色々な気持ちを共有していけるよう見守っていきたいです。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?