MENU

園のこだわり

虫歯予防デー

2021/06/14

わく・のび・きらの小林です。

6/4~6/10は歯の健康週間でした。

先日子どもたちに噛むことの大切さや、どうして虫歯ができるのかについて話をしたり、歯の磨き方を模型を使って見てもらった後に歯の染だしを行いました。

子どもたちが遊びの延長として楽しめるにはどうしたらいいかと考えて今回は診察券を用意し、保育者も歯医者さんになりきって歯の染だしを行いました。

診察券を受け取ると、ワクワクしながら順番を待つ子どもたち。

順番が来ると口を開け、職員が綿棒を使って歯に駅を塗ります。歯垢がついている部分はピンクに染まるので、ひと目で気づくことが出来ます。

「ピンクになってる~!」「ちゃんと磨かないとむしばいきんのお家になるんだよね」鏡をみながらしっかり磨いていました。

「歯医者さんに行ってきた!」「歯ブラシがピンクになってた!」「歯がぴかぴかになったよ!」染めだしが終わった子たちが嬉しそうに遊んでいる友だちに話をする姿がありました。それを聞いた子どもたちは、「ぼく(わたし)もいってくる!」と遊びを中断し、ワクワクしながら向かいます。

診察券を渡したり、チェックをつける受付係をしてくれるきらきら組の女の子や、自ら保育者の助手をしてくれる子、さっそく友だちと歯医者さんごっこを楽しんでいる子など、気づけばお部屋の中は歯医者さんでいっぱい♡

子どもたちが楽しんでくれたらな~と思っていましたが、大人にとっても楽しい行事になりました。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?