MENU

園のこだわり

第44回しらゆきフェス

2021/06/18

わくのびきらの吉山です。

しらゆきフェスにお越しいただいた、きらきら組の保護者の皆さまご来場ありがとうございました。また、今回新型コロナウイルス感染症の対策によりライブ配信での映像をご覧になった保護者の皆さまも子どもたちへの応援をありがとうございました。
子どもたちはこの日を楽しみにしており、緊張もありましたが楽しく参加する事が出来ました。

しらゆきフェスはきらきら組の子どもたちが中心に「どんなところをお父さん、お母さんに見せたいか」ということを考えながら作り上げてきました。話し合いの中では、今までの経験もあるためか、「去年のきらきらさんがやってたよね」と様々な意見が次々に出てきて、考えた競技や体操を実際にやってみました。


子どもたちが話し合ったプログラムが少しずつ完成していき、全てが決まりました。

本番当日は緊張する子どもや、楽しみわくわくな子どもたち。様々な子どもの様子が見られましたが、友だちや保育者と一緒に励まし合いながら気持ちを落ち着かせていました。歌を歌ったり、体操をしたりと体を動かし始めると表情が緩み始め、いつもの調子も出てきます。
ライブ配信ということで子どもたちは「どこから見てるのー?」と気にしながらカメラがあることを伝えましたが、自分たちで楽しむことに夢中になり、自然な笑顔をたくさん見せてくれました。配信の中でも見られたと思います。

実際の競技では、子どもたちの運動面の発達を見ながら楽しむことが出来る内容となりました。
かけっこで走る距離が変わったり、一緒に運ぼうで友だちと一緒にぬいぐるみやボールを運んで障害物まで出てきたり、様々な子どもたちの姿を見ることが出来ました。チーム対抗綱引きの大盛り上がりは本当に普段の子どもたちの姿そのもので、嬉しかった、悔しかったなどの気持ちを味わう楽しい経験です。「またしたい」という声も聞こえてきたので今後も園ですることがありそうです。

きらきら組のバルーンは限られた練習の中で、太陽スポーツの先生と一緒に合わせてきました。決まった内容を音楽に合わせて皆でするのは難しい事でしたが、気持ちを一つにして披露することが出来ていたと思います。友だちと向かい合いながら笑顔を見せてバルーンの披露中も楽しむ子どもたちの姿が見られ最高のバルーンを見せることが出来ました。

あっという間のしらゆきフェスでした。今までにないライブ配信という形ではありましたが、たくさんのご協力があり、今回のしらゆきフェスを終えることが出来ました。
子どもたちとこれからも余韻を味わいながら過ごしていきたいと思います。
しらゆきフェスをいっぱい頑張った子どもたちに「がんばったね」と大声で伝えたいほど、みんな頑張っていました。
おうちでもたくさん褒めてあげて下さい。ありがとうございました。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?