MENU

園のこだわり

葉っぱの形

2021/06/21

きらきら・のびのび・わくわく組の有馬です。

先日のしらゆきフェスを終えて、子どもたちから「楽しかった~」「バルーンすごかったね!」「かけっこ悔しかったけど、次は負けないぞ!」と思いを保育者にたくさん伝えてくれました。

しらゆきこども園で過ごす中で、楽しい思い出がどんどん増えていく子どもたちの姿に私たちも嬉しく感じています。

今日の園庭あそびでの出来事です。

しらゆきこども園のシンボルツリーであるイチョウの葉を下からじーっと見ていたきらきら組のYくん。

なにか虫でもいるのかな?と一緒の位置から見上げましたが、イチョウの青々とした葉が風に揺れているだけでした。

すると、隣にいたYくんが「あれって先生が前に言ってたよね?ズボンみたいな形の葉っぱ見つけたよ」と聞いてきました。

数日前のおあつまりでイチョウの葉の秘密について話したことを思い出しました。

イチョウの葉には切れ込みがあるものと、切れ込みがないものがあることをご存知でしょうか。

「風の抵抗を減らすために切れ込みがある葉が後から生えてくる」「オスとメスの葉がある」など色々な説があります。

落ちていたイチョウの葉を拾って、子どもたちに見せながら色々な説を話すと・・・

子どもたちは真剣な表情でイチョウの葉を見ており、「切れ込みがあるほうは、なんかズボンみたいだね!」「じゃあ、ないほうはスカートみたいだから女の子かもしれないよ」と想像したことや思っていることがどんどん出てきます。

その後の園庭あそびでは「男の子の葉っぱ、あった?」「こっちにあったよ!」と探す子どもたちの姿がありました。

今日ゆらゆら揺れる葉っぱを見つめて思い出したのか、Yくんは周りを見渡して切れ込みのある葉っぱを探して何度も見せてくれました。

園庭は友だちと一緒に遊べる場でもあり、自然のものにたくさん触れて、見て、発見できる場所でもあります。

子どもたちと一緒に自然に触れていきながら「不思議だな」「なんでこうなっているんだろう?」と考えたことを一緒に探したり調べたりして、子どもたちの学びに繋がっていけたらいいなと思った出来事でした。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?