MENU

園のこだわり

先生!お母さん指、大丈夫!?

2012/08/17

先日、ドジな私は包丁で左手人差し指をざっくり切ってしまいました。
次の日、まだズキズキ痛む人差し指に
大げさに 😀 バンソウコウを貼り、出勤しました。

その日、わくわく組(3歳児)のお集まりで、子ども達に
バンソウコウを貼った指を見せ、

『まゆみ先生ね、昨日お料理している時に、包丁でお母さん指を切ってしまったの~。
とっても痛かったよー(泣)
みんなもハサミとか使う時は指を切らないように気をつけてね!』

と、話をすることでした。

 

私が話をしている間、ずっと眉間にしわをよせて聞いているAちゃん。

『バンソウコウはずして、切ったところ見せて!!』
と、言ってくるKくん。

『触ったら痛い!?』
と、聞くEくん。

痛がる私をいたわってくれました。

 

それから2~3週間くらいたったある日のこと☆

お昼寝後にAちゃん(わくわく組)の髪の毛を結んでいました。
すると、

Aちゃん『まゆみ先生!!お母さん指大丈夫!?』

私『・・・・・・・・・・・・・。』
あっ!!!!|゚Д゚)))Aちゃん、この前先生が包丁で指をケガしたことを覚えててくれたのー!?』

Aちゃん『そうだよ。』

私『ありがとうね♥♥♥ほら、もう全然大丈夫だよ。』

Aちゃん『よかったね♪』

 

2~3週間経つと傷もすっかりよくなり、ケガをしたことも忘れていた私・・・(汗)
Aちゃんはずっと気にかけてくれていたようで2~3週間経っても心配してくれました。

 

Aちゃんの気持ちがとってもとっても嬉しくてAちゃんを抱きしめていました。

夕方、Aちゃんのお母さんにこのことをお話しました。
お母さんの話によると、家でも

『お母さん!包丁を持つ時は気をつけてね。
まゆみ先生、包丁でお母さん指を切っちゃったんだって~』

と、台所に立つたびに言っていたそうです。(*´∀`*)

Aちゃんの優しい気持ちに触れ、すごくHappyな日でした。
人の優しさっていいものですね。

こんなに優しい気持ち、私も忘れてはいけないなぁと改めて感じました。

そして・・・・包丁も上手に使いたいと思います。(^Д^)(照)

非常勤 内原

 

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?