MENU

園のこだわり

エコニコパンツ

2012/08/24

先月、水俣の保育園に研修にでかけました。

0,1歳児の保育室を見学すると紙おむつでなく、
エコニコパンツで過ごしている子ども達
さぞかし、あちこちに、おもらしして大変なのではという思いと、
動きやすくて気持ち良さそうという思いが交差しました。

エコニコパンツとは・・・

エコロジーで赤ちゃんニコニコという意味で命名され
中に防水布が入っていなく、程良い厚みで動きやすく、
着脱しやすいパンツです。

見学先の先生方はさほど強く意識して排泄の自立への働きかけをしている訳ではなく、
排泄の自立に関わる子どもへの周囲の環境を整えてあげて、
子どもの自発性を促す自然な形で排泄ケアを行っていました。

「排泄ケア」を見直そう!!
帰りの新幹線の中で一緒に行った先生達と思いがひとつになりました。

早速、翌日からトレーニングパンツにパットで過ごしている子ども達から
パットを外しパンツで過ごしています。
パンツで過ごしている子ども達は身軽になり、動きやすく、気持ちよさそうです。
今まで紙パンツやパットにおしっこをしても平気で、遊んでいた子ども達が
おしっこをパンツにしてしまった瞬間「しぃ~でた~」と知らせるようになり
「おしっこが出る感覚」を体験させる事の大切さを子ども達から学びました。

エコニコパンツに取り組んで一ヵ月足らず 「先生、おしっこ出る~」
トイレで 「おしっこでたねぇ」
という声かけが増え、 「おむつは、イヤ~ パンツがいい」
子ども達の姿に変化が・・・

なるべく、おむつに頼らず、おむつで排泄する事を当たり前としない事に
取り組んでいきたいと思っています。

はぐはぐ、るんるん     東村

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?