MENU

園のこだわり

組体操

2012/08/31

運動会できらきら組は、組体操をします。

体育あそびで初めて組体操の技“かかし”を教えてもらうと
「去年きらきらさんがしたやつだ~!!」と大興奮の子ども達。
のびのび組が初めてバルーンをした時の反応と同じです。(笑)

年上のお友達がする姿にあこがれを持って見ていたことを
今年は自分たちがするということでやる気満々です (^O^)/

「簡単!僕出来る!」と自信たっぷりにして見せる子
ふらつきながらも挑戦する子といました。

組体操の技は、1人技の“かかし”から、2人組、3人組、6人組、
33名全員での“しらゆき大橋”となります。
技がだんだん難しくなるにつれ悪戦苦闘していましたが、
掛け声だけは元気がありやる気を感じました。

しかし、始めの頃は集中力が続かずに、
きをつけで立つところでふらふら動いたり、
周りの事に興味がいき太鼓の合図から動きが遅れたり、
友達と協力してする技では、友達との息が合わずに技ができなかったり・・・。

けんちゃん先生(体育遊びの先生)が
「一人はみんなのために みんなは一人のために」
というお話をしてくださいました。

組体操は友達と協力することが大切です。

少しずつ子どもたちの運動会に向けての意識も高まり練習を繰りかえし行うことで、
始めは出来なかったことができるようになってきています。

例えば
“ブリッジ”で頭を床から離すことが出来なかったが頭をはなせるようになったり
“飛行機”で友達の足をもつときふらふらしていたが、しっかりと踏ん張り立つことができるようになったり
“ピラミッド”で3段目に乗る事ができなかったができるようになったりしています。

ふれあいスポーツランドで初めて組体操をした時の子どもたちの真剣な表情は
さすがきらきら組!!と思わせるほど、
今まで取り組んできた中で一番かっこよくできていてすごいなと感動しました。

運動会では、一人ひとりの持っている力を十分に発揮し
みんなで力を合わせてやり遂げてほしいと思います。

上手にできたときは、たくさんの拍手を宜しくお願いします。\(^o^)/

月グループ 畠中

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?