MENU

園のこだわり

優しい気持ち♪

2012/09/10

 

可愛くて、なんだか心が温かくなった
今日の出来事の紹介です!

今日は、戸外遊びでした。
8月は猛暑が続いてなかなか外で長い時間
遊べなかった為、久々の戸外遊びは楽しく、
なかなかお部屋に戻りたくない子ども達!!
「シャワーするよー、ご飯だよ~」と
声かけをし、みんながお部屋に戻って来ました!

はぐはぐルームでS君にミルクをあげようとして、
テラス側を見ると、Y君が着替えをしていました。
Y君はまだ遊びたかったようで、涙が・・・・!

私が「Y君どうしたの?まだお外がよかったの?」
と言うと、
Y「うん・・・お外が良かった」
私「S君がミルク飲むんだけど、Y君も見る?」
Y「うん。S君にあげる」

S君がスタイをしていなかったので私が
「S君のスタイ忘れちゃった・・」と言うと
Y「Yがもって来る!」
ロッカーをあけて、スタイを持って来てくれました。
いざ、ミルクをあげると、
私が持っていた哺乳瓶をY君がそっと持って、
「Yがあげるね」と言いました。
私「ありがとう。一緒にミルクあげよう!」
Y「一人で出来るよ!S君にあげるね」
と言い、私の手の下の部分にそっと手を添えたY君

その時は、S君のミルクの飲みがいつもより遅く
なかなか飲めずにいると、さっと立ち上がり
玩具が置いてある棚へ行き、何やら歌っていました(笑)

≪どれがいいかな~♪ん~とねぇ~♪≫

どうしたのかなぁ?と見ていると、

手作り玩具をもってS君の傍に!!
Y「はい!S君のここねぇ~ちゃんとあるよー」
私「S君に玩具持って来てくれたの?」
Y「うん。ミルクまだ飲むの?」
私「まだ飲むよ~Y君みたいに大きくなるためにね!」
Y「Y君、もう大きいよ。お兄ちゃんだもん。
  赤ちゃん小さいね!優しくするんだよね~」

と得意げなY君(笑)
私「Y君優しいねぇ~S君も喜んでるよ~」
というと、
Y「えへへ!だってお兄ちゃんだもん」

そいうと、ランチルームへ向かったY君!

 

はぐはぐの子どもたちに興味を持ち始めた
るんるん組の子どもたち!!

0・1歳の子どもたちが同じ部屋で生活する中で
子どもたちの中にも”お兄ちゃん・おねぇちゃん”
という気持ちが芽生えているのを感じた場面でした!

最近のブログにも何人かの先生たちが記事を載せていましたが、

日々の生活の中で子どもたち同士の関わりを
見ていると心が温かくなってきます!

そんな気持ちや子どもたちの発見を
これからも伝えていけたらいいなぁ~と思います☆

 

はぐるん  川野

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?