MENU

園のこだわり

どうしても聞いてほしい!!

2012/09/13

少し前の出来事になりますが、
345歳児のランチルームでは食事の時間の前に
その日の食事のお当番さんを中心にテーブルクロスをひき、
小さなガラスの花瓶にいけたお花を置いています。

きらきら組の子ども達にとっては両手に1つずつ持てるくらいの大きさですが
「お花は危ないから1つずつ運ぼうね。」とお約束をしていました。

ある日のおやつの前の時間でした。
早く準備が出来た子ども達がお花を置いてくれます。
きらきら、のびのびの子がほとんどで
1つでも多く運ぼうとスタスタと運んでいく中で
わくわく組のE君が両手で大切そうに持ち、
とても真剣な顔でゆっくりゆっくり運んでいました。
わたしは配膳の準備をしながら
「Eくんどこまで運ぶのかな?がんばれー!」
と心の中で応援をしていました。

すると、テーブルがない場所で立ち止まり、しゃがみこんだので
「お、こぼれたかな?」と様子を見てみると
Eくんは花瓶を床に置いてにこにこ休憩をしていました(*^^*)

後ろから小走りで運んでくる子ども達も
みんな何も言わずに避けて通るので
周りをよく見ているなぁと感心しました(^^)

少し休んだところでEくん再出発しました!
全て運び終えた子ども達も声をかけずにじっと見ています。

こぼさないように、落とさないように、ゆっくりゆっくり・・・

時間をかけてやっとテーブルに到着!!

Eくんはにっこり笑って拍手をして満足げに走って手を洗いに行きました☆

大人が運べばほんの数十秒で済む作業ですが
数分かけて一生懸命頑張るEくんの姿と
きらきら・のびのびの子ども達がEくんを急かすことなく
じっと見守っていた姿にとても感動しました。

そして、わたししか見ていなかったことがとても惜しい気持ちがして
どうしても聞いてほしい出来事でした♪
うまく伝わっていたらよいのですが・・・(^_^.)

お食事チーム  穂森

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?