MENU

園のこだわり

環境一つで子どもが変わる

2012/10/05

運動会では沢山のご声援、ご協力をありがとうございました!
わくわく・のびのび・きらきらさんは、運動会の練習がなくなり、
今まで以上に保育室の玩具で遊ぶ時間が多くなりました。

よくよく見てみると遊びこめていない子がいたり、
玩具を大切に使えない子がいたり、
片づけができない子がいたり・・・・

子どもたちの遊ぶ姿を見ている内に、
もっといい環境にしてあげたい!という思いがフツフツと・・・!!

そこでわく・のび・きらチーム全員で話し合いを行い、
・どのゾーンにどんな玩具を準備するか
・ごっこゾーンの充実させよう!

さらには、
今まで気になりながらも出来ていなかった細かなことまで
この機会に仕上げよう!と決めました。

 

まずは、大幅な環境の見直し。
ゾーンの位置を変え、保護者の方にもロッカーの位置が変わったことで
ご迷惑をおかけしました。ご協力ありがとうございました!

次に各ゾーンの玩具の準備。
壊れているもののチェックや、新しい玩具への入れ替えを行いました。

そして、ごっこゾーンの充実!!

ごっこゾーンは本当のお家をイメージして、
キッチン、ダイニング、和室を作りました!

もりのびょういんはベッド、ソファー、受付を作り、
保育者がお医者さんの役をして、子どもたちに遊び方を伝えて行くことからスタート!

表現ゾーンは舞台をイメージして、観客席とマイクを準備しました。

 

環境を整えた翌日、子どもたちに各ゾーンの説明をしながらお部屋を回っていると、
ごっこゾーンに入る時、3歳児のMちゃんが一言。
「マンションみたい!」

ゲームゾーンのカラフルなすずらんテープを見てRくんが一言。
「にじだ~!!」


・・・・・(^^)v♪

それからゾーンに分かれて遊ぶ子どもたちは、
ぐっと集中していたり、イメージが広がって楽しそうでキラキラ輝いていました!

 

子どもたちの驚きと感動が伝わってきて、私もとても嬉しくなり、
すぐさま他の職員へ伝えると、他の職員からも、
「Aちゃんは『せんせ、ありがとう』っていってくれたの!」

「Tくんは『もっと変えたらよかったのに~!』だって(笑)笑っちゃった!」

などなど、その話をする職員の顔もキラキラ!!

頑張ってよかったなぁ~と感じた瞬間でした!


毎日忙しく、ついつい後回しになってしまっていた細かな環境の見直しは、
その一つ一つに意味があり、
職員が楽しんで環境を作って行くことで、

子どもの遊び方が変わる!

ということを実感したのでした。

この喜びをもっと感じられるように、
子どもたちのキラキラした姿を毎日見られるように、
環境を整えていきたいと思います。

太陽グループ  西村

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?