MENU

園のこだわり

うれしい朝

2012/10/26

出勤した時のことです。
部屋へ入ると、子どもたちの賑やかで元気な声が聞こえる中
ある一人の女の子が、なかなかおばあちゃんから離れず
不安げな表情で私を見ていました。

私は、すぐに察して
「今日もおばあちゃんと来たんだね~」と声をかけると
今にも泣き出しそうにしていました。

おばあちゃんが
「先生!!毎朝泣いて私から離れない」
「泣かれるのが一番辛く、胸が痛い」とおっしゃって
うっすらと涙を浮かべていらっしゃいました。

目に入れても痛くないお孫さんの泣き顔を思い出しては
罪悪感が一日抜けないようでした。
おばあちゃんの温かい胸に抱かれたAちゃんを
私の胸の中に抱きかかえ、内心、泣かないでねぇーと念じながら
「おばあちゃんがお仕事に行くから、二人でお見送りしようねぇ~」
と声をかけると、泣かずにうなづき
お仕事に行くおばあちゃんに手を振り見送りました。

その時、おばあちゃんが
「泣かないで、よかった~」と
それは嬉しそうに振り向きながら仕事へと向かわれました。

自分を愛してくれるおばあちゃんとの数時間の別れを
乗り越えられたAちゃん。
えらかったね~。

その瞬間に居合わせた嬉しい朝でした。

非常勤 西川路

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?