MENU

園のこだわり

おままごとコーナーでの出来事

2012/10/24

最近、ぐんぐん組のお部屋のおままごとコーナーに
たくさんの玩具が仲間入りしました(^O^)

醤油や塩コショウ、赤いヒモや白いヒモ、黄色のヒモ…
子どもたちはこのヒモを、 そうめん、ラーメン、うどん等の
麺類に見立てて料理しています。

先日、おままごとコーナーで遊んでいた子どもたち。
人形(赤ちゃん)にご飯を作って食べさせてあげたり、
数人でテーブルにごちそうを並べ周りを囲んで座ると
「いただきます」「どうぞ、召し上がれ」と言う声が聞こえてきたり…
みんなそれぞれの遊びを楽しんでいました。

しばらくして片付けの時間になり、片付けを始めた子どもたち。
全部の片付けが終わると、
R君がきれいに片付けられた皿類、おたま、フライ返し等を
再び全部集めだしました。

「何をするんだろう?」 と不思議に思い見ていると
おままごとコーナの水道に全て運び、 蛇口の部分をひねり
どうやら水を出した様子。
すると、持ってきた食器類を全て洗う真似をし始めました。
私は興味津々で見ていると、
洗い終わった食器類を全てパッパッと水滴をはらう真似をすると
近くにあった鍋しきで(笑) 洗ったものを全て拭き取ると
また元の位置に片付けをしていました。

「R君、何してたの??」と聞くと
「いつもお母さんがしてるの」と一言。

このとき私は子どもの観察力にとても驚かされました。
子どもたちは言葉で伝えることがなくても
見て学び、自分の物にしています。

言葉や行動で伝えるのも、もちろん大切なことですが、
「見て、学ぶ」ということ。
子どもたちの持っている力を
大事にしたいと感じた瞬間でした。

 

( ぐんぐん 小畑 )

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?