MENU

園のこだわり

「先生、あのね、」

2012/11/01

ある日の夕方、私が延長保育のおやつを片付け終え
はぐはぐ・るんるん組のお部屋を出ると
玄関で靴を履いているきらきら組のRちゃんに遭遇しました。

Rちゃんが自動扉を開けるときに
「Rちゃんさようなら!」と声をかけると
Rちゃんはくるっと向き直って駆け寄ってきました。
タッチするのかな?と思い私も近寄ると
周りを見回して誰もいないことを確認し
小さな声で「先生、あのね、えっと・・・」とゆっくり話しだしました。
とても真剣な眼差しで私をまっすぐ見ていたので
何だろう?と思い、次の言葉を待っていると
「この前公園に行ったときにね」
(うんうん、最近ふるさと祭の練習をしに行ってることかな)
「お茶をくれたり水筒にお水を入れてくれてありがとう!」
(うん?・・・あ!!)

園外保育で慈眼寺公園に出かけた時のことです。
お食事チームの私たちも同行し、私はきらきら組と一緒でした。
その日Rちゃんはおにぎりを食べる頃には水筒を飲み干してしまい
その後のコスモス畑やさくら公園に出かけた時には
汗びっしょりで近くでお友だちが水分補給をする中で
「のど乾いたー」とつぶやくばかりでした。
「お水入れて」と言われても水道がない…
あまりに汗をかいていたため、熱中症になってはいけないと思い
私の水筒のお茶を分けてあげました。
その後水道を見つけ一緒にお水を入れました。
1週間ほど経過していましたが
その出来事をRちゃんはしっかり覚えていたのです!
食事やおやつの時間に毎日のように会っていたのに
面と向かって「ありがとう」という機会を探していたのかな
と思うと心が温かくなりました(*^^*)

してもらってうれしかったことに対して
「ありがとう」が言える素直な気持ちを
私も持ち続けたいなと思うことでした。

お食事チーム 穂森

P.S 昨日はハロウィンでした!
クリームと星が乗ったパンプキンケーキに子供たちは大喜び♪
“トリック オア トリート!”とおやつを取りに来ました(^-^)
去年はかぼちゃでできた飾りは食べない子が多かったのですが
温野菜サラダでいつも食べてるせいか嫌がる子がとても少なく驚きました(^^)
野菜に対する抵抗が少なくなってきてるようです☆
いろんな食材に慣れ親しんでほしいですね。

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?