MENU

園のこだわり

コーナー遊び①

2012/11/05

はぐはぐ・るんるん組のお部屋には
体を動かす所、絵本、ままごと、ブロックと
4つのコーナーがあります。

今日は、ブロックコーナーでのエピソードを聞いてください。
ブロックコーナーには、5種類のブロックがあります。
それぞれ好きなものを出し、積み上げたり、並べたり
つなげたりと色々な遊び方をしています。

すると空っぽになったブロックのケースの中に入る子が・・・。
子ども一人が入るちょうどいい大きさのケースはたちまち人気に!!
入りたい子どもたちは、全てのブロックを出し
ケースに入って遊ぶようになりました。

そんな子どもたちの姿を見て、
チームの先生がケースのかわりになるようにと
かわいい模様をつけた段ボールを用意してくれました。
段ボールだと子ども二人が入れるので取り合うことも少なくなりました。
また好きなブロックを持ってきて段ボールの中に入り
お家ごっこを楽しむ姿も・・・。

ある日、はぐはぐ組のAくんが段ボールの中に入って遊んでいました。
外に出ようとしますが、なかなか出られず困っていると
るんるん組のHくんがAくんに気付き私と目が合いました。
私が「Aくん出たいんだって、助けてくれる?」と言うと
すぐAくんのもとに。
助けるのは無理だろうな~と思っていると
段ボールの手前を折り曲げてあげるHくん。
Aくんは自分で足を外に出して脱出成功!!

私は、Aくんを持ち上げて助けてあげるつもりだったので驚きました。
よく子どもの立場に立って考えると言いますが
私はHくんの立場に立って助け方を考えていなかったと気付きました。

友だちを助けたり、友だちから助けられたりしながら
思いやりの心は育っていくと思います。
助け方を知らない子のお手本になれるよう
子どもたち目線で考え、色々な手助けをしていきたいです。
思いやりの輪が広がりますように!!

はぐはぐ・るんるん組 福永

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?