MENU

園のこだわり

言葉

2012/11/14

最近、るんるん組の子どもたちの
急激な言葉の発達に驚かされる毎日です。

個人差はありますが・・・
大人が言ったことに対して
返事は無くてもちゃんと聞いて理解している子

「はーい」と返事をして行動する子

「なんで?」「どうして?」と問いかける子

自ら「せんせー。おそと行きたい!」などと、
自分の意志を言葉で伝える子

言葉でコミュニケーションがしっかり取れる子・・・
いろんな子どもたちがいます。

ですので、保育室の中ではいろんなやり取りが
くりひろげられています。

ある日の15時のおやつ時間でのやりとりです。
メニューは手造りドーナツ。
おやつが大好きな子どもたちにとっては大ニュースです!

保育士 「みんな!!今日のおやつドーナツだって!!」
Y君   「ドーナツすきー!先生おかわりある?」
保育士 「あるかなー?あったらいいね!」
Hちゃん 「Hちゃんもー!!」
H君   「先生、もうあっち(ランチルーム)行ってもいい?」
保育士 「いいよー」

この会話を聞いて、まだ言葉が上手く出なくても、
話の内容をちゃんと理解し、ランチルームに
移動する子が続々とでてきました。

慌てて自分のスタイを棚に取りに行く子、
手も洗わずに席について「おやつくださーい!」
という子もいました。

そんな中、ささっと手を洗い、厨房の近くに行く子がいました。
なにをしにいったんだろう・・と様子をうかがっていると、
厨房からドーナツのおかわりが出てきました。

お皿いっぱい山盛りしてあるドーナツを目の前に
とても嬉しそうな表情をして、

「・・・・・・・・・おいしそ~~!!!!」

と小さな声で言って、自分の席へ行きました。

1歳児でもこのようなやりとりがあることが
とても楽しく、子どもたちの成長を言葉で感じています。
違う年齢の子どもたちと、いろんな大人がいる
保育園という環境の中で、たくさんの言葉を獲得して
楽しく過ごしていけたらいいなと思います。

はぐはぐ・るんるん組 栗野

 

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?