MENU

園のこだわり

子どもの見守る保育!?

2012/11/08

先日の出来事です。

 

夕方、ぐんぐん組の保育室で遊んでいる子どもたちの様子を見ていると、
自分のやりたい遊びを気の合うお友だちと一緒に楽しんでいました。

 

活発でままごと遊びが大好きなAちゃんは、
その日も人形をおんぶしたり、
キッチンで料理を作って遊んでいました。

 

一方、保育園に入所してまだ日の浅いBちゃんは、
お友だちの傍に一緒にいるけど、
自分からお友だちの輪の中に入っていくことがなかなかできません。

 

少ししてから、ふとブロック遊びをしているBちゃんの様子を見た時に
隣にAちゃんがいて何やら話をしていました。
何を話しているのかは聞こえないのですが、
様子からAちゃんがBちゃんをままごと遊びに誘っているようなのです。

 

思いついたことがあるとちょっぴり強引になってしまうAちゃん・・・。

 

早くBちゃんと遊びたくてブロックをポーンと投げ出して
連れて行くんじゃ・・・

 

と思っていると、
ゆっくりブロックを片付けているBちゃんを
とても温かい眼差しで最後まで見守っていました。

きっと早く一緒に遊びたかったと思うのですが、
Bちゃんがやっていることに手を出すわけでもなく、
最後までやらせてあげようと思ったAちゃんの姿に
とても嬉しくなり、思わず近くにいたM先生に

 

「Aちゃんが、Bちゃんを最後まで待ってあげられた!!」

 

と報告!!

 

二人で

「そんなことが出来るようになったんだね☆」

と喜びを分かち合っていると
AちゃんはBちゃんの手を取り、

「行こうっ!!」

と、嬉しそうにままごとゾーンへ連れて行きました。

 

毎日忙しく過ごしてしまっていることが多いですが、
Aちゃんのこの様子を見て改めて時間に余裕を持って、
見守っていかなければと思うことでした。

子どもたちから学ぶことっていっぱいあるんですね☆

 

ぐんぐん 宮元

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?