MENU

園のこだわり

”してあげたい”という気持ち。

2012/11/21

しらゆき保育園には毎月1回
絵本の先生が絵本を読みに来てくれる
「絵本の日」という日があります。
子どもたちはこの絵本の日を
とても楽しみにしています。

今月の「絵本の日」の出来事です。

子どもたちは、
動物が出てくる絵本や、
秋の自然が出てくる絵本を読んでもらい、
とても集中して見入っていました。

そして絵本が終わると、毎回、
10分ほど、わらべうたを歌いながら
指遊びをする時間があります。
その指遊びでは、1対1になり
手にこちょこちょをしてもらう部分がありました。

子どもたちはこの時間になると毎回
保育者や絵本の先生の近くに寄り
手にこちょこちょをしてもらいます。

けれど、今月は
いつもとは違った様子でした。
いつもは、
「自分が自分が!!!!」
と真っ先に駆け寄ってくる子どもたちが
近くの友達に、
「やろっか??」と声を掛け、
友達へ“してあげる“姿が見られました。
そして終わると、
「くすぐったかった??」
と声を掛けていました。

してあげる方も、してもらう方も
とてもニコニコです(*´∀`*)

その後、2回目が始まると
今度は私を見つけ、
駆け寄ってきました。
すると、「やってあげよっか?」
と声を掛けてきました。
「やってくれるの?」と聞くと
「うん!!!」と言い、
「くすぐったい????」
と満面の笑みを浮かべながら
指遊びをしてくれました。

これまでの子どもたちは
身の回りのこと一つにしても
”してもらう”ことが多かった子どもたち。

けれど、
自分でできるようになるにつれ
それが自分の自信になり、
次は「自分がしてあげたい」
という思いが生まれています。

してもらう経験を通し、
自分ができるようになった時に
してあげたいという気持ちへつながり
自分がしてもらっていたことを
相手にしてあげようとします。

この日改めて
「してもらう経験」の
大切さを実感しました。

子どもたちの一つひとつの体験から
私も学んでいる毎日です。

もうすぐわくわく組になるぐんぐん組さん。
これからの成長がもっと
楽しみです☆彡

( ぐんぐん 小畑 )

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?