MENU

園のこだわり

言葉の成長

2012/12/04

お昼寝の後、Rちゃんがパジャマから洋服に着替えていました。
着替えが上手なRちゃんは、ズボン・洋服をささっと着ていきます。
ところが…

洋服の肩ボタンを止めようしますがなかなかできません。
ボタンを止めようと必死になればなるほど、
Rちゃんはクルクルとその場を回り始めました(笑)

その様子を見ていると、Rちゃんがこちらに来て
「先生。できないからしてー」と言いました。
Rちゃんのボタンを止め「はい。どうぞ」と言うと
Rちゃんが「ありがとう」と目を見て言ってくれました。
私は、嬉しくて思わずRちゃんをぎゅっとしてしまいました。

Rちゃんから「ありがとう」という言葉がすーっと出てきたことに
驚きと嬉しさを感じ、なんだか胸が弾みました♪

ぐんぐん組の子どもたちは、本当にお兄ちゃん・お姉ちゃんになりました。
まだ、玩具の取り合いになってしまうことも多いですが、
自分の気持ちをしっかりと言葉で相手に伝えられるようになってきています。
トラブルになった時も、少しずつですが子どもたちだけで話し合い
解決できるようになってきました。
話し合いの会話を聞いていると思わず笑ってしまいたくなる内容だったり、
「そりで話はまとまったの?(笑)」と突っ込みたくなるようなこともありますが、
これが2歳児らしい姿なのだと毎日感じています。

ぐんぐん組での生活も少なくなってきました。
これからも子どもたちの成長する姿を見守っていきたいと思います。

ぐんぐん組 柿内

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?