MENU

園のこだわり

じゅんばんだよ

2012/12/07

るんるん組の室内遊びでの出来事です。

豆自動車のコーナー遊びからブロックコーナーへと
移動してきたKちゃん。
コーナーの端で大泣きしていたYちゃんに気付きました。

Yちゃんの元へ近寄り
「どうしたの?」と声をかけるKちゃん。
泣きながらもYちゃんはKちゃんに話をしていました。
どうやらHくんにうさぎのぬいぐるみを取られたようでした。

Yちゃんの話を聞いたKちゃんは、近くにいた私に
「せんせい、Hくんがうさぎとったー!」と話してきました。
私はKちゃんに
「じゃあHくんに、今Yちゃんが使ってたから返してくれる?
って聞いてきてくれる?」と言うと
KちゃんはHくんのもとへ駆け寄り
「Yちゃんが使ってたよー!」と言ったかと思うと
その後に
「じゅんばんだよ!」と話していました。

そんなKちゃんの姿を見ていたYちゃんも
涙が止まっていました。
うまく自分の気持ちをお友だちに伝えられず
いつも泣いてしまうYちゃんも
KちゃんがHくんに伝えてくれることで
少し気持ちも落ち着いたのでしょう。

少し前まで保育者が間に入って気持ちを代弁していましたが
子どもはそんな姿を見て、真似て覚えていくのでしょうね。

まだ自分たちだけでは解決するのが
難しいことが多いですが
少しずつ学んでいけるといいと思います。

非常勤 瀬戸

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?