MENU

園のこだわり

「今日は誰がおにいちゃん?」

2013/01/29

今月の初めから、
各クラス進級への準備が始まりました。
ぐんぐん組の子どもたちも
次のわくわく組になれることを
とても楽しみにしています。

現在は新しい環境に
少しずつ慣れていくために
一日6名ずつ
食事、お昼寝、午後のおやつを
3・4歳児とともに行っています。

先日B君が初めて
3・4歳児とともに生活する日がやってきました。
B君は進級クラスでの生活を
心待ちにしており、毎日保育者に
「今日は誰がおにいちゃん?」
と聞いていました。

その日は「今日はB君だよ」と伝えると
とても嬉しかったようで
「やったー!!!!」
と、とても笑顔になりました。

しかし、食事前になり
3・4歳児のお世話係さんが
お迎えに来ると
急に泣きそうになり始めたB君。

「どうしたの?」と話をしてみると
「行きたくない。ママがいい。」
と話をしてくれました。
大丈夫だよ、と話をすると
不安そうな表情で
お世話係さんと手を繋ぎました。

しかし時間が経つにつれて
どうやら少しずつ
慣れてきたようで
B君に笑顔が戻ってきました。

見守っていると
不安そうな表情になるたびに
お世話係の子が
リードしてくれているようで
B君の緊張も和らいでいるのが
分かりました♪

そしておやつが終わり
ぐんぐん組にもどる時には
いつも通りのB君の笑顔☆
ぐんぐん組のお部屋に入ると
「ただいま~!!!!」
と元気いっぱいのB君(o^^o)♪

お部屋へ戻ってきた頃には
行く時の表情が嘘のように
笑顔がきらきら輝いていました。

そのあとは友達へ
「今日、おにいちゃんになったんだよ!」
と誇らしげに話をしていました。

その姿を見ながら
B君にまた一つ、
自信がついたんだな、
と私自身もとても嬉しく思いました。

進級へ期待がいっぱいの
ぐんぐん組さん。
しかしその反面、
不安になることもたくさんあります。
その不安を受けとめながら
子どもたちの成長をゆっくり
見守っていきたいなと思います。

そして誇らしげな
新わくわく組さんを見れるのが
とても楽しみです♡♡

ぐんぐん組 小畑

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?