MENU

園のこだわり

はぐ・るんのお部屋

2013/04/17

はぐはぐ(0歳児)・るんるん(1歳児)組には
生まれて2か月から2歳の子どもたちがいます。

私たちがまず考えたのは、部屋の環境です。

過ごしやすい環境はどのようなものなのか?
あそぶ所、食べる所、寝る所を何処にどのように
作るか、今日に至ってもこれでいいのかと考えています。

子どもたちは「見て学ぶ」といいます。(大人もそうですね。)
いつでも周りが見えるように、少し上の発達の子どもの様子が
見えるように、あそぶ時や食べる時にもその事を意識しています。

お部屋から園庭が見えるフリーゾーンは、子どもたちの
大好きな場所のようです。はぐはぐのつかまり立ちが出来る子は
園庭で走りまわる子どもたちを見ては、背筋をぐーんと伸ばして
つま先立ちになり大きな声を出して喜んでいます。
お座りしている子も抱っこされている子も一生懸命に目で追っています。

るんるんさんになると、自分から帽子を被ろうとしたり
靴箱から靴を探したりすることが出来ます。
その様子をはぐはぐさんがやっぱり、しっかり、見ています。

 

ディズニーランドが30周年ということで
最近、特集をよく目にします。
その中で心に沁みた事は、
「いつでも、どこにでも工夫をしている。」ことです。

「だからディズニーランドに魅力を感じるんだな~」と
思いました。

「よし!!」

これから、はぐ・るんのお部屋に魅力を感じてもらえるよう
たくさんの工夫をしていきたいと思います。

はぐ・るん りんごグループ 塩崎

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?