MENU

園のこだわり

子どもとの関わり

2013/05/20

『ねぇ、何しているの?』と子どもからよく話しかけられる言葉です。

子どもたちが遊んでいる時、花がら摘みをしていると
女の子がやってきて、いつものように
『ねぇ、何しているの?』と話しかけてきました。
やっぱり来たかと思いながら
『枯れた花をとっているの』
『どうして?』
『またきれいな花を咲かせて欲しいから』
『へぇ~』
と言って離れて行きました。

こんなやりとりがしばらくは続くだろうと覚悟を決めていると
3人目で『いつもテレビ見ているでしょう?』
と、突然の話しかけに戸惑い、
『テレビ?』『どこの?』と、聞き返すと
『ほら~先生たちのお部屋の・・・。』と言われて、
防犯カメラから映し出される画面のことだと分かりました。

その子と話していたら、防犯カメラはいくつあり、どこにあるかと、
関心を持ったようで、探しに行きました。
そして、見つけた防犯カメラの所まで、私を連れて行き、
3つあることを伝えてくれました。

何気ない会話から、関心や気付きが生まれたことを実感した日で
これからの保育のヒントを得た気分です。
『ねぇ、何しているの?』と話しかけられることは嬉しく、
子どもと関わる手段です。そして、私自身が戸惑ったことが新鮮で
時には子どもたちが戸惑うことを発見し、体験させたいものです。
主任   山下

園のこだわり 採用情報 子どもたちの為に一緒に働きませんか?